舛添さんは元東京ダービーオーナー

舛添東京都知事がせっかく辞任しました。
最終的に辞任しなければいけないフルーツだったのであれば、いきなり辞任したほうがかっこよかったのになあと思います。
さて、舛添君はかつて馬主だったということをご存知ですか?
ゼンノの名で漏れる大迫忍さんとのコンビ名義でアトミックサンダーという、サプライズパワーで2時代連続で南関東の東京ダービーを制しているのです。
以後、1998時代に東京都知事選挙に出馬することになり、馬主権利は凍結、持ち馬をオール手放したそうです。
タービーは3歳馬の頂点を志す勝負だ。半ばも南関もまさに勝てる賭けではありません。
過去には、イギリスのチャーチル首相が「ダービーオーナーになることは虚無国の宰相に変わるよりも疎ましい」という格言を残してある。
ダービーオーナーになるには喜びも必要です。
今年の日本ダービーは鼻食い違いの決着でした。2着のサトノダイヤモンドは途中で落鉄していたとの行い。喜びが悪いとしか言い類がありません。
かたや、マカヒキの馬主は名馬ディープインパクトの持主です。キングカメハメハというあわせて3回瞳のダービー統制。
馬主の持って生まれた喜びの食い違いだったのではないでしょうか。
とすると、舛添君も2度のダービー統制で人生の大きな喜びを使ってしまったのかもしれませんね。バルクオム 口コミ