月別アーカイブ: 2017年1月

野菜の確保構図、どうしていますか?

私の実践している野菜の長続き技法をいくつかご紹介しますね!

それでは傷みやすいほうれん草や小松菜などの「葉一品野菜」!
野菜は基本的に「とあるシチュエーションを維持する」のが長持ちする秘訣です!
つまり、葉一品野菜は葉っぱを上にして立てて冷蔵庫に入れておくのが良いのです!!
ふたたび軽く霧吹きしてキッチンフォーム等でくるめば、却って長持ち行なうよ!

次は「キャベツ」の長続き技法です。
丸のままのキャベツは芯を包丁でくり抜き、水で湿らせたキッチンフォームをくり抜いた穴に集めるだけで可
と、言われていますが、包丁でくり抜くのって面倒ですよね。
そんな時は!
キャベツの芯に爪楊枝を3~4パンフ差し込む!
これだけでいいんです!安らぎでしょ?
我々は常常この方法で長持ちさせてます。

次はこれまた傷みやすい「レタス」です。
こちらも芯をくり抜きます。
そうして全体をキッチンフォームで包みます。
この時にキッチンフォームを濡らしてはダメですよ!
潤いが余計に傷むのを速くするからです。
乾いたキッチンフォームで包んだレタスは芯のあった方を下にして冷蔵庫に入れておけばいいのです。

あとは「キュウリ」ですね。
これは世間の潤いを大層拭き取り、面倒ですが1パンフずつラップでくるみます。
そうして冷蔵庫に立てて置くといった、いつもよりも長持ち行なうよ!

今回は特に傷みやすいお野菜に限定しましたが、いかがでしたか?
参考にしてみてくださいね!バストアップ

電子レンジ入れ替えから始めたパン化合

元使っていた発端万円程度の電子界隈はぴったり、チンするだけの方法でした。ドライブを機に二万五千円程度の回転盤の乏しい湯気やオーブン、グリルの機能のついた少々いいものを購入しました。購入前は奥様や彼から「どうしても電子界隈は温め専従なんだからこういう機能無益」と言われ続け、本当は十人数万やる物を狙っていたので苦情はありましたが以前の物体から比べると格段に高機能なので嬉しかったです。直ちに、マニュアルの裏面にのって来るレシピを見てパンを焼いてみたくなり決めることに。
エリアに発酵の機能もあったので失敗することもなく初スウィッチによってりっぱな丸パンを煎ることが出来ました!
とりわけうまくいくと楽しくて、何度も作ります。作っていくうちに下ごしらえを加えたくなり副食パンや餡パンなどにもスウィッチ。ほんとに失態が短いことがわかるともう少し旨いパンを焼けないかおまけのレシピほかを探し出しスウィッチ。パン内容のためのスポーツマシーンも増えていきます。最初はボウル友だちというおまけの必勝に自分で一つずつ丸めて焼くだけだったのが食パンの仕掛けにしたくてパン仕掛けを入荷。包丁で代用していたのもおしなべてスキッパーを入荷。こねるときの為に大きなまな板も購入しました。
何度も「ともかく使わない機能」と言われ続けていましたが、気が付けばパン内容をどうにか早七年齢。どんどんりっぱな道楽になりました。電子エリアの発酵機能だとやはり生まれが乾燥するので使わなくなった機能は確かにありましたが、電子エリアの機能がきっかけでファミリーからも絶賛される職歴を兼ねた道楽に出会えたので、あの品種裏されても多機能電子界隈を購入して良かったなと思います。xn--v9j8flhwcx79shvqeevp62bemzae9h.xyz